スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCオーディオとか寒さとかいろいろあった話

2016.12.02.Fri.22:17

はろーはろー
寒い

めっちゃ書いてなかったのね。去年の6月から書いてないみたいで。
時間って経っててびっくりするね。
一年半も経つと色々ありますね。色々あったなぁ。

新しいおもちゃを導入したので設定とかの備忘録がてらしばらく更新できたらなあと。


この度買ったのはオーディオインターフェエスなんだけど、そのまえに色々買ったやつを書いていきたいのだなあ。


今年の5月にオーディオアンプを買ったのだ。ぼちぼち探して、全然知らんメーカーのやつを買いました。
それまでは、実家の音出なくなったコンポから引き抜いてきたしょぼくれたフルレンジのスピーカーを、やっすいPCスピーカーをむりやり分配して使ってたのだけれど、ちゃんと鳴らしてあげたいなあと思ってアンプを導入したのです。
買ったのは、

Nobsound® Bluetooth 4.0 Amp Digital TPA3116 2.1 Channel Subwoofer HiFi Amplifier


これです。
選んだポイントは
・bluetooth
・サブウーファ出力
・安い
の三点。

ずっとスピーカーをテレビに繋いでて、ウォークマンとかで再生したいときに差し替えたりするのが面倒だったのでbluetoothは欲しかったのだ。パソコンもbluetooth使えたしね。

そして基本的には頭が悪いのでサブウーファ鳴らせたら強そう!ズンズンした感じの音が出したい!と思ったのでサブウーファ出力は欲しかった。
あとはその辺の機能がついてて、なおかつ多分一番安かった。っていうので選んだのだ。

届いた時には何の装飾もない段ボールに入ってて逆にクールなのかもしれないと思った。今思うとそうでもないと思う。
端子付け替えたりして音が出るようになった。特に感想のない音だった。ふつう。
やっすいPCオーディオよりはいい感じだったと思う。

このアンプ、プリとパワーが合体したいわゆるプリメインアンプに分類されるやつなのかな。
実は買ってから数か月後にデスクトップPCが導入されて、音楽はそっちで聞くようになって、なんかTVも見なくなったのですっかりbluetoothは使わなくなってしまうのだ。さらにbluetoothを使わなくなる事件が起こるのだが、それはまた別のお話…。

よく知らないメーカーだけど値段の割につくりは悪くないと思われ、このアンプにしてもbluetooth無しのモデルとか、サブウーファ出力無しのモデルとかいろいろあってお好みに応じて豊富なラインナップなのだ。ほんでやっぱ安いと思うわ。
中身だけのモデルとかも売ってる。君だけの最強の筐体を作ろう!
ところで自作勢を名乗るならこっちの中身だけモデルを買うべきだったのでは?いいのか?

一人だけレビューしてはるけど、ポップノイズはマジで全然ない。ホワイトノイズも特に気にならない。てか聞こえない。
普通にご家庭で使うにはこれって大事な気がする。
出力はステレオで50W×2+サブウーファ100W。
PCスピーカーとかでもこれくらいの出力のやつあるけどこんないるんか?っていっつも思う。
でかい家ならまだしもワンルームだと十分に過ぎるのじゃないかなあ。フルテンにしたことはないし分からんねぇ。


こうして無事オーディオアンプを入手し、なんとなくスピーカーを鳴らすことに成功したのだ。
続いてサブウーファを調達しようとした僕を突如として襲う障害とは!?次回、『ない』につづく。
鳴らせ!ズンズンした感じの音!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。