スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤フェルナンデスです

2013.12.27.Fri.18:14




なんです。

安ベースです。アコベをはさんで4本目のベースになります。プレベを弾いてみたいなーと思っていた矢先、たまたま見ていたヤフオクで、ジャンクとして出品されておりました。
フェルナンデスのミディアムスケール、PJのアクティブベースです。なんか型番とかよくわかんなかったです。

FERNANDES FRB-45M MTB エレキベース
これのアクティブバージョン的な。ミディアムスケールで扱いやすい!軽い!

100円からのオークションで、100円ならととりあえず入札、見事落札となりました。
100円ならと思っていましたが、送料で2000円くらい取られました。うーむ。
ちなみに100円は、先方が「いらない」とのことだったので払ってません。送料だけです。よっぽどいらなかったんでしょう・・・。

そんなかわいそうな奴ですが、実際やばかったです。初期状態ではPUは無し、アクティブ回路は完全に沈黙、ジャックはガリガリ。電池は液漏れ、サビ、青錆、錆び付いて回らないネジがいくつか。
何年ものなんでしょう。
しかし石ロゴとかでもない、なんの希少価値もないただの赤いフェルナンデス。そんな感じです。

なので、全部換装しました。
もとの写真がないのでアレですが、アクティブ回路はバルトリーニのXTCTです。マーカスミラー!(ですよね?)
201312271733083c5.jpg
ミドルがトリマーですが、キャビティ(思い出した)を開けずに調節できるようノブの穴を使って表から見えるようにしてます。めっちゃダサいんでどうにか変えます。左のガムテープ()で固定してあるやつです。

201312271732470b5.jpg
こっちが表です。右上の穴でミドルカットができます。ドライバー要る。なんかいっこノブ取れとる。
右下が二連ポットで、上がハイ、下がベースのカットブーストです。
ノブ取れてるのがフロントPUのボリュームです。フロントピックアップはバルトリーニ8Sです。
左下のノブは飾りです。リアピックアップも飾りです。お金がなかったので。つらいですよね。

さらに今日こいつをつけました。
20131227173411134.jpg
ロックピン。

20131227173332a20.jpg
ストラップピン。うーんやばい感じ。

20131227173356875.jpg
エンドピンも外して。

ネジの長さも太さもそんな変わんないのでそのまま突っ込みます。長さ太さがあんまり違うと割れたりするかもですが。
ほんとは一回埋めてから穴を開け直すのがいいのかも。
20131227173451f32.jpg
ピカピカ

20131227173508a8e.jpg

完成!この円型のとナットの間にストラップをはさむわけですな。
しかしなんというか、こいつ用のストラップがないので・・・やはりかわいそうなやつです。
あ、髪切りました。





shopk2z ギター ストラップ ロック ピン 2個 1組 (ペア) (銀(シルバー))

スポンサーサイト

パワーサプライを考えて レボリューションズ

2013.12.27.Fri.12:20
年の瀬ですね。どんな一年だったでしょうか。もうあんまり覚えてないですね。
まぁ僕はそんなに昔を振り返らない主義なんで。つらくなるから。前を向いていきましょう。


パワーサプライを作ろうとずっと思ってます。二つのレギュレーターを使ったヤツを考えてました。放熱の事を考えて、ヒートシンクを二つつけて、こう、翼みたいにしてかっこいい!ってやろうと思ってました。こんな感じ。見れないか。
http://www.bannerkoubou.com/download.php?data=1388112797QsqsBBf0X2V1GuK1388112795.gif

「9vから18Vの昇圧からエフェクター二つ稼働させるのは電流不足説」が出たからなんですが、考えたら2口別々に昇圧したらいいんじゃないでしょうか。
9Vいくつかのうち2つにそれぞれ昇圧回路をかませて18Vにして、みたいな。
ちょっとこれで考えてみます。
というのも、15Vも一口あるとよいと思い始めたからです。クルーズのオーバードライブが気になっているのです。


しかし先日勢いでベースを買ってしまったのでお金がありません。作れるのはいつになることやら。冬休みの間に回路図めいたモノは作りたいです。うむ。

ぎたーいじり

2013.12.22.Sun.17:44


すげえ寒いですね。



ホットケーキのチェック中に、ギターのトグルスイッチが壊れてるっぽかったので見てみました。

2013122108473116e.jpg

エピフォンのレスポールスタンダードモデルです。
ギターに関してはレスポールの形は大好きです。かわいい。カジノの次に好き。
ベースはなんかかっこよくてヘッド落ちしなかったらいいと思います。

2013122108491549f.jpg
ここなんて言うんだっけ・・・キャ・・・キャビ?のフタの猫。化け猫。番猫。


20131221084935479.jpg
開けてみました。ポッドでかくね?コンデンサの値見忘れた。ちゃんと導電塗料塗ってあるんですね~。フタは導電処理されてないけどノイズも気にならないしいいんでしょう。けっこうスペースあるし有効活用考えておこう。


20131221084952ff3.jpg
問題と思われるスイッチ。接触不良っぽい。なんかガチャガチャやってたら大丈夫そうになりました()。


20131221085016fad.jpg
はめる。斜めについちゃいましたがいいでしょう。てか斜めになってるかわからない写真で自分の意図が分からない。変なシール。


ついでにオクターブチューニング。
精密ドライバー!
20131221084814395.jpg
なんかのネジがあった・・・なんのやつや・・・。

20131221084751993.jpg
ろくげん。

2013122108483635e.jpg
くるくる。これ弦緩めてやらんといろいろ傷ついたりするようです。

そうこうして、あとピックアップの位置上げたりしました。

てかレスポールって弦高どうやって変えるんじゃろ?

あんまりなんもしてない。なにかのネジが足りてないことは分かった。


これ2vol、2toneにトグルスイッチですが、ヴォリュームとトーンそれぞれ1ノブ、ブレンド1ノブで十分なので、内部に歪みかブースタを内蔵してゲインノブと、スイッチをクリーン、エフェクト、ミュートに改造する妄想をしています。

あとノブに付けるチュ-ナーがあるのでつけたいです。これです。
あとはピックアップをP90にする妄想はしています。

あ、あと電池入れるのアレなんで、めんどいんで、スパさんがおっしゃってた案なんですが、これらの電源として外部電源を取れるようにしてみたいです。ステレオのシールドを使ったら出来るのかなーと思ってます。
そんな感じです。

ホットケーキmod 完成編

2013.12.22.Sun.12:17



ホットケーキ焼きあがりました。
今回はSHAKE'S BLOGさんのレイアウトで作りました!

シャケさんは素人工作員さんの回路図をもとに改造したそうです。
素人工作員さんのほうがオリジナルの3ノブホットケーキ、シャケさんは2ノブとトレブルシフト、ミドルシフト、あと多分クリッピングダイオードの切り替えの3スイッチ方式で、なんかオシャレです。


今回一番問題が多かったかもしれない・・・。つらい日々でした。

ケース塗装は青地にピンクで塗りました。逆の方がよかった気がする。ラッカーの匂いがたまんねぇぜ!20131220092154853.jpg
高校のとき上履きがスリッパで、今うちのベランダ用スリッパになっています。どうでもいいですが。

けっこうキレイに塗れたのですが、このあとクリアラッカーを吹いたところ・・・

20131220091838b60.jpg
溶けました。まじでか・・・。
原因はよくわからないです。ラッカーにラッカー吹いても、溶剤の関係で溶けることはあるということですね。ちなみに青はダイソー、クリアはケイヨーデイツーです。ピンクはAmazon。ピンクは溶けなかったからダイソーがたぶんアレ。

紙ヤスリで軽く落として塗り直しました。すると・・・

201312200922198f6.jpg
はみでました。つらいですね。
これは薄かったので削りました・・・。

そして前回の音が出ない現象・・・。
結局ハンダつけてないところが見つかりました・・・全部外してやっと発見。

こうみるとそんな問題多くない気がしますね?


ということで!
完成いたしました~。
つまみ、右がヴォリューム、左がゲインなんですが、ゲインがCカーブの指定で、左に回すとゲインが上がる・・・違和感・・・あと9時~8時で一気にかかる感じで使いにくい。reverseaudioってCカーブ・・・?
あとダイオードはシャケさん推奨の値にしてます。

歪み方はなんかえぐい。セッティングによってはなんかもうファズみたいになる。もうちょっとこう、やさしめのがいいな。ミッド、トレブルシフトいじるとちょっとあったかい感じになるかも。これからも出音に関してはこのモヤッとした感じで続けていきます。

20131221101859df2.jpg
ということで、名付けて
クレイジーダイアモンドオーバードライブ!
(やっと)完成であります。
諸事情によりクレイジーダイアモンドがずれてます。

パワーサプライを考える その2

2013.12.17.Tue.23:19

寒いですね。ネオサキョウクでは明日あたり強酸性雨が降ると予報されています。キチンと防護服を着込みましょう。防酸重点!オタッシャデー!







パワーサプライですが、9Vを昇圧するパターンだと電流が足りないという情報を得ました。
18Vを二口つけたいので、電流不足はよろしくない…気が…しますね。

ということで降圧作戦で行きたいと思います!
18VのACアダプタだとレギュレーターかました時に18Vより下がっちゃうかもらしいので、なのでもう少し高い電圧のアダプタがいいんですが…。24Vは高すぎると思うんだ…。
21Vくらいのってないのかなぁ〜。
今見たらパソコンのが19.5Vですな。ただこれセンタープラスなのはいいとしてDC出力なのか?記号が読めない。まぁどのみちパソコン用はパソコン用だし…。
24Vのはマルツかどこかでみたのですが。

てかACアダプターって自作できないんかなぁ〜。ノアズアークのやつって確か直接コンセントにぶっこむんだよね。アダプタ内蔵みたいなんとかいいやん。ケース加工がめんどそう。
てか交流100Vは資格無しでなんやかんやしても大丈夫でしたっけ。

明日の授業中にいろいろ調べてみよー…。
いや、空きコマに、します。南無。

ホットケーキコピー製作記その1

2013.12.14.Sat.23:42


こんばんは。寒いですね。やばくないですか?
ネオサキョウクではユニ・クーロ社製の耐寒防護服を着なければ、またたく間に関節という関節、穴という穴が凍りつき死に至ることでしょう。
もちろんそれは一般人の話であり、鍛え抜かれたニンジャにとってはたいした問題ではない。むしろ常に自らを追い詰めることで精神を研ぎ澄ませるニンジャたちにとっては、厳しさを極める冬将軍もまた、より高みへ登るための格好の修行相手である。


はい。
さて、今まで作ったエフェクターの紹介も一段落したところで、目下制作中のエフェクターの話です。
ただいま作っているのは歪三兄弟の三男としてオーバードライブ、

Crowther Audio HOT CAKE
です!
(訂正:のmodです。)
これにクリップとかを変えるスイッチが三つもつきます。スゴイ!

これまで、ファズフェイスと同時進行でだいぶ製作は進んでいます。
いよいよ仕上げに入っています。

20131214231101599.jpg

いっきにハンダ付けていきます。
ところどころショートが怖くて絶縁処理してます。
絶縁テープがどこかにいったのでタイとか無理やり使ってます。

このあとフタが閉まらないなどの問題を力業によって乗り越え、なんとか完成!
音出しチェックへ!

LED、つく。バイパス音、出る。では、スイッチオン!

エフェクト音、でない。

つらい
見直すと、基板と9Vがつながってない!ここや!


~~~はんだ~~~

再トライ!

20131214231237089.jpg

出!!・・・?
いや・・・?

ダメでした。


なんかつよく弾くと音が出る。弱いと出ない。接触、ハンダ不良かな・・・。

あとスイッチ変えても音変わらん。とりあえずまともに音出すのが先ですね・・・。

今日は疲れたのでここまで・・・・・・
音でないくせにLEDクソ明るくてイラッ。


あとサムネイルを使うことを覚えました。いえい。

パワーサプライを考える

2013.12.11.Wed.14:18

ザ・パワーサプライを作ろう!

と思います。
最近は安価なパワーサプライもあり、わざわざ作らなくても…となりがちですが(そんなことはないか?)、作るのであります。

僕の今持っているエフェクターでは、18V駆動させたいのがふたつあるので、18が二つ、さらに9vを4,5口の出力を持つパワーサプライが欲しいのです。これがなかなか売ってないので、作ろうぜ!というわけです。

そんな感じでいろいろ探してみましたが、欲しい回路図がない…9Vのやつはいっぱいあるんですけどね…
そこで一から作ることに。といってもいろんなところを参考にしながら…ですが…。

電気回路の知識に関しては、中学生とそんなに変わらないと自負してますが、電源回路ならまだ手が出せそう!と、調べていくうちに調子に乗りました。
そんで二つの案が出ました。

そのいち
12Vのアダプターから、レギュレーターを通して9V電源をとり、それを昇圧して18Vにする!

そのに
24Vくらいのアダプターからレギュレーターで18Vをつくって、さらにレギュレーターをかませて9Vにする!

このあたりで考えていましたが、2つめの案は先輩じさっかー(マスタースーパ氏)に、
「ちょっと発熱しすぎるんちゃう」
とご指摘いただき、そうかーってなりました。
なりましたので、そのいち案を軸に考えていくぞー!

ファズファクトリーの思い出(その2)~そして完成へ~

2013.12.10.Tue.00:52

まさかのパート化
前回までのあらすじ
パーツのネット通販に手を出した南風は、ついに幻のゲルマニウムトランジスター(350円)を手に入れたのだった!お腹痛い


さて、さっそく作っていくぞ!

基本的にはアナログで進めていきます。まずレイアウト図を見ながら、薄めの紙にマジックペンで配線を写していきます。無心で写します。
写したらこれを裏返すと・・・にじんで裏からマジックのあとが見えます。これがすなわち基板の裏の配線になるわけです。配線のミスを防ぐため、これをさらに基板に直接写していきます。ここまでしても配線忘れとかしちゃいますよね。え、しない?しますね。
あとは、部品を基板に挿す→足を曲げて固定→根元ではんだづけ→余分を切る。の繰り返しで部品をつけ、切り取った足などを利用して配線していきます。無心に。
きちんと配線が書き込めてればなにも考える必要はありません。ハンダを吸い込みすぎないようにしたほうがよいそうです。僕はもう手遅れでしょう。

20131203130529733.jpg

一心不乱に作業をすると、

20131203130749821.jpg

こうなりました。
右側の二つの銀色のが幻のAC128です。コンデ・・・トランジスタです。
高さの関係でゴメンナサイしてます。足もうちょい切ればよかったかな。ソケットにしてみてました。もしかしたら変えるかもと思って。あとソケット余ってたんで。
熱に弱いらしいのでその対策にも。

そうこうして基板が完成しました。いえい。
続いてケース加工に入ります。穴あけは位置決めて、ポンチを打って、ドリルでドリって、リーマーで広げる。それが全てです。このとき出るアルミ片もあまり吸わない方がいいようです。僕はもうt(ry
穴あけが終われば次に塗装です。前回(KCブレンダー)での経験を生かし、今回は薄く、しっかり乾燥させてやってみました。まず下地の白を吹きます。

20131203130504a91.jpg

何度か吹いて、薄くヤスリ(600番くらい(たしか))かけて、洗剤で洗って、を繰り返した後です。
左下のが今回のファズファクトリー用のケースです。5ノブは大変。実は一回失敗してます。ジャックが入らなかった。今回のもフタはぎりでした。レイアウトのセンスのなさがヤバイ。
右上のは現在制作中のオーバードライブです。まんなかの2つの小さい穴は、ミスです。つらい。


2013120313081568d.jpg

塗装完了。きれい!
黄色の方です~
あとはいっきに・・・

20131203130833a93.jpg
パーツを付けていき・・・

完成!!

ドキドキの音出し!
201312031308514ee.jpg

出た!!・・・??

これは・・・?
せ・・・成功なのか?ノイズなのか・・・?

後日、マスター(先輩ジサッカー)に聞くと、
「成功かはわからんけどファズファクはノイズを生むエフェクターやで」
とのことだったので、

成功!!

とします。やったぜ。
一発で音出た~(´∀`*)

それで俺が今更言うのもあれですが、めっちゃおもろいエフェクターです。発振ノイズでめっちゃ遊べます。ベースはつないでないですが、音の軽さ的に単体ではベースの歪には厳しいのかなと思いますた。超たのしいです!
またすごいアホな感じのレビュー!

いつものシールを貼って・・・
20131203130907a38.jpg

完成です!カーペットきたねぇな。
名付けて、

ザ・ワールド・ファズ!!

そのうちスタジオに連れていってやるぜ!


ベース一号

2013.12.04.Wed.01:13

ファズファクトリー製作記の途中ですが、ここでベースのお話を。書き記したいと。思います。いろいろあるよね、いろいろ・・・。

最初にベースを持ったのは大学一年の五月くらいでした。好きなバンドのベーシストに憧れてベースを弾きたいと思い購入しました。が、サークル勧誘の時期も終わり、積極性に欠ける僕はひとり寂しくベースを奏でるしかありませんでした・・・。その後縁あってサークルに入れてもらい、いろいろと頑張りました。

さて、そんな感じで楽器のこともなにも知らない僕は、まわりに教えてくれる人もおらず、店に行く勇気もなく、ネットサーフィングしながら値段に目玉を飛び出させていた時に、安く、かつくだんのベーシストのモデルにぼんやり近いベースを見つけ、購入に至ったのであります。

それがこちら!
20131204000326df1.jpg
SELDER ベース ジャズベースタイプ JB-30であります。
このカラーリングはたぶん今もうないんちゃう?わからんけど。

まあそうです。セルダーです。でもいっぱい弾いたよ!

たぶん一年弱こいつだけ弾いてました。そんでサークルに入れてもらっていざ初ライブ!というときに、二代目となるベースを購入します。ちゃんとしたベースを購入しました。それからあまり触ってなかったですがはじめて持ったベースであり、愛着もあります。手放すことは考えていませんでした。
しかしある日僕が自作に目覚め、ベースの構造なんかにも興味がで始めてからは、さまざまな実験の被検体となってしまいます。意味も無く分解されたり・・・。思えば可哀想なやつです。

それはそれとして、どんな改造をしたか紹介するぞ~!自作系ブログですし。
まず、ハード面で、見ればわかりますが、ペグがガタガタです。これは完全に見た目だけの意味の無い改造です。()
ネジとって傾けて固定しただけです。無意味。だがそれがいい。

あとサーキット(回路)まわりは完全に別物です。
ピックアップは両方セイモアダンカンで、ネック側がSJB-2、ブリッジがSJB-3です。
ダンカンはPU交換では定番みたいですね。ネック側にSJB2を設置し、出力が小さくなるブリッジ側に磁石が大きく出力が大きいというSJB3をマウントしました。音はさすがに変わりましたね。セルダー純正よりもまとまり、太い音になりました。クソみたいなレビューですいません。

さらにヴォリューム・トーンも全部交換しました。2ヴォリューム1トーンは変わらずですが、ソニックのものに交換しました。これはトーンポッドがスイッチになっており、PUの直列、並列を切り替えるというものです。Bacchusのジャズベによく搭載されているのかな?直列は普通のジャズベ、並列になると二つのPUがひとつのハムバッカーのように働くという代物です。音で言うと圧が増す、といった音になります。うーんこのボキャブラリー
でも改造した感が強くでてよい。
あとは内部にアルミホイル貼ってノイズ対策してます。

PUなんですが、よく見ればわかりますが、リアが上下逆についてるんですね。これはPUのコイルに電気が流れることで磁場が生まれてしまうんですが、フロントと逆に付けることでこの磁場を打ち消す働きをさせています。

え~

大嘘です。
普通に向き間違ってました。弦張ってから気づいた・・・。

ちなみに磁場どうのこうのっていうのはホントの話ですが、普通のPUセットで使えば打ち消すように作ってあるはずです。
しかしどのみち同じセットではなくリアのがパワーあるのでうまくなってるかはわからないです。なんかよくわからなくなったので詳しい人が親切にも教えてくれるまで待つとします・・・
ちなみにノイズはけっこうのります。使えるレベル。

現状そんな感じです。さっきハード面では、って言いましたが全部ハードですよね。
あとはペグにヒップショットを付けてみたい。4つともヒップショットにしてみたい(笑)あとブリッジ交換したいです。あとLED光らせたい。あとはロックピンにして・・・

ファズファクトリーの思い出

2013.12.03.Tue.13:57


なぜか書いたつもりになっていたファズファクトリーの記事です。
もうもろ言っちゃってますが、自作エフェクター4作目、
ファズファクトリー!
です。
ジーベックスという会社が作った有名な変態ファズですね。なんとかさんがいろんなファズの音を出したくて作ったとか、なんかそんな感じのやつです。()
なんで、いろんなファズの音が出せると・・・そういうわけです。いろんなっていうのはファズフェイスとかビッグマフさんとからしい。まあどっちも触ったことないのでわからないんですが、なんかつまみもいっぱいあっていろんな音が作れそう!あと穴あけ大変そう・・・。

ちなみに本物はこちら

Z.Vex(ジーベックス) Vexter Fuzz Factory ファズ・ファクトリー ギター・エフェクター [並行輸入品]

たしか廉価版・・・というか改訂版?
ちょと仕様がかわって安くなったとか・・・そんな感じだったはず。
つい一ヶ月前に作ったのに・・・。


さて、気を取り直して!今回も松美庵さんにお世話になりました・・・誰にでも作れるファズファクトリーのページを参考にさせていただきました。ありがとうございます。(遠隔)
いやほんとに感謝であります(´∀`*)
こちらを参考にパーツ集め、レイアウトをしていきました。

ちなみに、自作の師である友達の影響で、いつも大阪日本橋でパーツを探していたわけですが、遠い。僕はキョートリパブリックネオサキョウクという魔境に住んでいるわけですが、毎回日本橋まで行くと、パーツは安くても電車やらでお金がかかってしまうのであります。サツバツ!
次回からはマルツパーツとやらで注文してやろうと思っています。とりよせ無料らしいので。

が、今回はたまたま大阪に行く用事があったので行ってまいりました。
が、ここで問題が発生します。ゲルマニウムトランジスタAC128が、無い。どこにも無い。

僕「AC128ありますか?」
店員「ゲルマじゃないですか?」
僕「アッハイ」
店員「ないですよ(ハッ」
僕「(イラッ」

そういえばゲルマニウムのトランジスタはいまはもう生産しておらず、希少であるとド素人のためのオリジナル・エフェクター製作にも書いてあったっけ・・・。
品質が安定しないため、工業品にむかず今では別の素材で作られていると・・・。しかしその不安定さがかもしだす味をもとめて今でもエフェクター自作勢には高い需要があるという。
松美庵さんには代替品も上げてありましたが、どうしてもゲルマニウムコンデンサを使いたい僕は、ついにネット通販の扉を開くのだった・・・。


ということで、今回利用したのはギャレットオーディオさんです。すこし値段は高いと聞きますが、品揃え豊富で、マスコットキャラクターがどことなく卑猥です。
ほかにもいろんなショップがあります。これもまた松美庵さんのリンク集がとてもありがたいです。(感涙)
(松美庵さんショップ・メーカーリンク)
・・・これ勝手に貼ってるけどまずいんかな・・・いずれ挨拶に・・・(ゴニョ。

ということで短いですが今回ほここまで、次の記事から本格的に作成に入っていきたいです。
今回はぼちぼち制作中の写真もとってるのでね。ふふふ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。