スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるちこんぷ

2014.01.31.Fri.23:58

来週でテスト終わりじゃい。なんじゃい。
テスト終わったらいろいろするんじゃい。スシ食べたいんじゃい。
アルコールも全然摂取してないけえのう。
広島ヤクザのケンカはのう、札束じゃおさまらんのじゃい!



はい。
俺も元ネタ知らないです。
テストが続いています。パワーサプライのレイアウト書いたりしてました。タノシイ。
ですがまだ製作には至らないので、間を埋めます。埋めるんじゃい。

エフェクターシリーズです。コンプです。コンプふたつあるんですが、アレです。
マルチコンプです。マルコン。マルコ。

EBS/MultiComp True Dual Band Compressor
定番ですね。これはちょっと安く手に入れました。写真撮ってなかったので、めんどうだし無しです。
中古でして、新品だと裏にスポンジみたいなん付いてるんですが取れてます。あと電源のジャックが不安定です。まぁ大丈夫。

コントロールはCOMP/limitterってのとGAINのふたつ。gainはもうヴォリュームのことっぽい。ヴォ。COMPはまぁ・・・コンプの効きを変えるわけだが、まぁ・・・わかるだろ?レシオとか・・・そんな感じなんだ。てかたぶんレシオなんだ。アタックとかリリースは固定なんじゃないかな?いろいろあると大変だろう?いいエフェクターってのはノブが少ないもんだ。わかるな?大変なんだ。レビューとかも長文になってよくない。
そんで特徴的なのは3つのモードがあって、tubeismみたいな感じのと、マルチバンドってやつと、ノーマルってやつで、二つのノブの間にめりこんでるトグルスイッチでやるんだ。切り替えるんだ。このへんがマルチコンプの名前の由来でしょうか。
tubesimは真空管の感じをエミュレートしているそうだ。暖かみ、ぬくもり、そういった感じが加わる。大事なことです。
マルチバンドはハイとローで別々にスレッショルドを設定できるモードだそう。ただ設定するには裏蓋を開けてトリムを回すことで行うので、めんどう。
ということでマルコンと言えばチューブシミュモードみたいな風潮はある気がする。いやあるようだ。ネットで見た。でもマルチバンドモードをうまく使えたらいいと思うんだ。スラップする時にサムとプルでスレッショルドを変えるとか・・・そういうのができるんだ。でもレシオを変えても面白いと思うんだ。そういうのを作ってみたいんだ。

そんな感じです。なんだこれ。
公式でアナログコンプとなっていたと思いますが、消費電流は15mAとちょっと多め。電池をよく食うとも言われてますね。ますよね?

関係ないけど、このEBSって会社はどこか北欧系の国で、ベーシストが集まってやってる会社とか、そんなことを聞きました。うろ覚え。うるおぼえ。そういうのって、いいよね。
スポンサーサイト

エフェクターその2の巻

2014.01.24.Fri.00:59
テスト期間というものが始まっております。授業が無いけど勉強しなくてはなりません。はやくおわれ。
しかし、三年間が終わるわけですが、テスト勉強というやつは毎回毎回次こそはちゃんとコツコツ勉強しようと決意するわけですが、結局追い込まれてから詰め込むわけですよ。三年間なにも学ばなかったね。むねん。


そんでまぁ勉強しないといけないんですけど、息抜きもしないとね、と。
別にホラ、ね。いいじゃん?
というわけでマンゴーアップルティを飲みながらブログを書いているわけです。

でまぁエフェクターの紹介でもしていけば、いい感じに間が埋まるかな、と。
展開待ちの間が。テスト期間は展開しないけどね。
というコンセプトで、紹介するのはこちら!


MXR M-80 Bass D.I.+


ですね〜。前回はていば…てか今14000で買えるんだね。これはAmazonだけど。ピックもついてくるらしいよ。送料無料。でもなんか店の名前が怖い。

ということで、前回は定番という感じでサンズアンプのベースドライバーdiをご紹介しました。わかりますね?めんどいからリンクとか貼らないけどなにも問題はないのです。わかりますね?

そんでもう一つの定番としてよく名前が出てくるのがこちらのMXRのDI。なんかコイツいい感じの略称とか無いよね。DI+で通じるんだけどさ。定番ってやっぱこうあるじゃないすか。ベードラとかマルコンとか大根とかパンファクとか。まぁDI+はなんかそんな存在感。なんか挙げたやつコンプばっかだな。
あと関係ないけどパンファクトリーって予測変換で出たけどそれパン工場だよね。iPhone。

イコライザのポイントとかは嫌いじゃないけど好きでもない(?)。歪はジャリジャリより冷たい感じ?ギャリギャリ?分からんけど。派手に歪む。あの…紙とかを…破く感じ…?とか…。ゲイン9時ブレンド7〜8時くらいで弾くとちょっと歪んで好き。こういううす〜く歪かける使い方ネットでよく見るけど、じゃあDI+じゃなくてもいいのでは…とも思うよね。いやでもすごいいい感じやと思うんやけど。

一番の問題はバイパス音があんまり好きじゃないことです。さっきみたいに薄く歪ませてかけっぱなしとかならいいかもだけど、あんまり直列でつなぎっぱなしとかしたくないですね。ハイが落ちてる感じ?スラップとか(一人で)する時に繋いでみたりしたけど、プルがなんか違うな〜って思ってアン直にしたら解決した。
あ、でもそれはハイ落ちとかは関係ない気がする。gateの効果がアレやったような気がする。うん、gateのせいだった気がする。

まぁバイパス音うんぬんは、なんというかコイツの個性って事だと思う。味付け濃い系エフェクターですし。ハイが出ないというよりローが出て相対的にハイが引っ込むとか。かも。わからん。
ほんでサンズより先にこっち買ったけど、今となってはやっぱりサンズの方が人気なのは分かる気がした。

あと別の話で、MXRやし18Vでも駆動するんじゃなかろうか。耐圧とか見れないかと思ったけど六角レンチで閉められてたのでめんd…諦めた。18Vやともうちょい広がるんかなぁと思いつつ、怖いのでやらない。てか誰かやってそう。


市販エフェクター第二弾ですが、定番プリアンプふたつ。です。どっちも定番とされてますが、どっちも原音加工系という(センスがかけらも感じられない)カテゴライズされてるわけですね。
特にサンズは繋げばサンズの音になると言われてます。お前らサンズの音って説明できんのか?って言いたくなったりならなかったりする人がネットのレビューとかでは溢れてますね。
んでmxrはMXRで個性的だと思います。ね?
先入観は持ちたくないものですな。
そんで安いベースでもカッコ良くなる!とよく言われてて、それはそうかもしれない。じゃあ高いベースには使わない方がいいのかいって言ったら、そうだと言う人もいて、でもプロもいっぱい使ってるし。
もっともプロが正解というわけじゃないし、自分が納得するがどうかが大事といばそれまでなんですが。そんで納得してた音がしばらくしたら何か違うなーってなったりもするだろうし。ベースはアン直!ていうのは間違いなく一つの答えだと思うけど、それが音作りの選択肢として選んだのか、はたまたなんも考えずぶっさしてるのか、というのが問題であって、なんというかまぁ、正解はあなたの心の中に…。
劣化の話をするんなら、少ない方がいいっていうのは定説だろうけど、そもそもアンプの特性とか、シールドの特徴とかベースの音色とかも結局劣化の仕方の差と言えなくもないだろうと。ちょっと無茶か?まぁでも音だって0から生み出せる訳じゃないし。そういうことなんですよ。そうそう。
まぁ別に悩んでる訳じゃないというか趣味の域は出ないからアレ、どうでもいいんだけどね。


話それまくりですが、「その理屈はおかしい」とかあったらボコボコにしてください。あ、そんで僕はMXRは好きですよ。

エフェクターその1

2014.01.15.Wed.16:42

すごくねむいですよね。冬はダメですね。春は春でアレですけどね。


パワーサプライを作るにあたり繋ぐ予定のエフェクターをいろいろ調べたりなんだりしたし、紹介していきます。その1です。

これです

ベーシストの定番中の定番と言われたりしますね。サンズですね。この前買いました。よ。

いまさらなんか、言うこともないし、別に興味深い話があるわけじゃないんです…が…。

まぁサンズの音になるってよく言われますが、それでもたくさんの人が使ってて、定番と言われるだけあって、なんだかんだいい感じですよね。
あんまドライブしたとき音は好きじゃないですが。
ドライブ低めで、ブレンドは11時くらいが好きでした。
ちょっと歪むくらいの感じ。とかまぁいろいろ。

イコライザはミドルが無いのがアレってよく言われますが、ベースとトレブル下げてボリューム上げたらいいらしいですよ。いいんでしょう、きっと。
基本ベースはカット派なんですが、ベースの周波数が、どのへんかはわからんけど、あんま切りたくないとこまでカットされちゃう感じ。ボキャ貧。

あとプログラマブルは便利ですね。設定も簡単。ただ一度設定したヤツから微調整するのがレビュー見てもよく分かりませんで、確かにすげー言葉で説明しにくい。いじってみたらわかりました。


そんでプログラマブルやし電流食うんやろーなーって思ってましたが、5mA程度だそう。音声信号はアナログということか。なんかよくわからんくなってきたけど、アナログってスゴイ。

もともとアンプをドライブした歪みをシミュレートしたのがサンズのベードラみたいな感じでしたが(ですよね?)、プログラマブルはちょっとエフェクターっぽいと言われてるみたいで。プロでも録音は普通のベードラでライブはプログラマブルとかやってますよね(よね?)。
そうなんですね。うん。

ちなみに中古で買いました。ガンガン踏んでいきます。
おしまい。

パワーサプラララララライ

2014.01.15.Wed.01:38

たぶん五話目くらいですので。

なんやかんやありましたね。
気づけば正月ははるか遠く、まだまだ大丈夫と思ってたジャムもいつの間にか賞味期限がきれております。ね。
でもまだ七草粥も食べてないし、鏡開いてもないので、僕の正月はこれからだ!


はい。
パワーサプライを考えます。テストも迫ってるので、考えたよ。
方向性は決まりました。言葉にするのもめんどうなので概念図めいたものを。描いたんだよ。
201401150021138de.jpg
はいどーーん
字が汚いのはコンプレックスなんですよね。
BLとかはそんないかがわしいアレではなくエフェクターの略称です。

レギュレーターを二つ使って分離!ってやってるのはアレです。デジタルとアナログの電源の分離です。
前回の記事で、謎の人物SPA氏のアドバイスによって、レギュレーターから分離すれば完璧と判明したのでこうなりました。
18vは電流不足を恐れたので、二つ別々に昇圧してます。あと、18v駆動させたいのがデジタルとアナログだから仕方ないかなと・・・。この昇圧のICが高いんですよ・・・。

とまあそんな感じで、分離のこともわかりましたね?
次の問題は繋ぎたいエフェクターがデジタルなのかアナログなのか、ですね?
そうです。せっかく電源を分けたつもりでもそこがわからないとアレです。ね?
サイズ、コストを考えて、必要十分な口数にしたいですし、何口ずつにするかも決まらないです。
もう全部独立にしたろかと思いましたがそれはさすがに予算オーバーもいいとこなので。

これはもう頑張って調べるほかないですね。基板見て回路解析するより調べたほうが早い。できないし。
でもそんななかなか明記されてるものでもないです。なので消費電流を調べて判断しました。
10mA以下がアナログ、30mA以上ならデジタルなんじゃないかな。
結果とか、エフェクターのこととかそのうち書くよてい。つもり。いろいろ。

そうこうして口数も決まりました。アダプタは12Vセンタープラス。1.5Aなんでまぁ余裕ありますね。てか1Aとか流れたら発火しますよね、たぶん。

仕様は、9V6口、18V2口(デジタル用が1口ずつ)の8口で・・・そんな感じです。他に言うことなかった。費用は6500円くらいかな。アダプタ含め。全部マルツで揃えたから、ちゃんと探せばもっと安くできるかも。
あと平滑コンデンサは夢の大容量3300μFに、オーディオ用コンデンサとかにしたので、無意味にハイスペックな電源が取り出せる・・・よてい。

とりあえず考えたし明日からは作成よりテスト勉強しないとネェ~

おやすみ~

あけましておめでとうございます

2014.01.12.Sun.22:33

新年あけましておめでとうございました

かれこれ二週間が経とうとしてます。
iPhoneの画面が崩壊し始めたので一週間くらい前に修理に出してようやく今日完全復帰いたしました。
入っててよかった、Appleケア。


今日始発で大阪のイケベまで行きました。
新春初売りの安売りエフェクターを買いに行きました。狙ってたのは買えず、悔しさのあまりイシバシ楽器で別のエフェクターかってしまいました。
なんだかんだ前から欲しかったやつなんですが、ずっとまぁいいかなぁ…ってなってたんです。が、やっぱり勢いって大事ですね。



そんな感じでエフェクターも買っちゃったし、いよいよパワーサプライを作ろうと思うのです。です。


作戦は9Vの安定化電源回路を作って、それに昇圧回路をつける形で18Vを作ってみようと思います。ガンバルゾー!

ところで、デジタルのエフェクターとアナログのとで電源を分けた方がいいと言いますが、どの程度分けるべきなんでしょう?
ACアダプタを分ければ同じ電源タップからとってもいいのか。
もっと分けるべきなのか…
もっとって言っても、もともとはその場所の電源じゃないですか?

なんで分けるべきなのかとか学ばないとアレですな〜。なんかノイズ出たりするんですよね、確か。

まぁまぁやってみるかー

今年もよろしくお願いします〜。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。