スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二月が終われば

2014.02.27.Thu.09:09

三月になる。
名言ですね、これは。

全然更新してなかったのでアレですね。やばいです。
閲覧数もすごく増えてないので、なんか検索に引っかかりやすそうな言葉をさりげなくちりばめていきたいと思います。浅田真央。金メダル。

いろいろしようと思っていた春休みですが、スケートに行ったりしてるうちに二月が終わってしまいそうです。まだパワーサプライしか作っていません。とりあえず自分用に作りたいのがひとつ、マッドプロフェッサーのブルーベリーベースオーバードライブです。すげぇ!1単語で長音符が5つも!

スノボとか温泉とかいきたいなぁ。

それから製作依頼めいた話も。ぼんやり頼まれたのでやる気がでました。舛添。自民党。東京オリンピック。

そういえばなんか太字とか大文字の方が検索に掛かりやすいって聞いた覚えがあるんですよ。PM2.5。

lovepedalのcot50をつくります。予定です。

レイアウトも作ったぞ!
cot50_copy.jpg
こんな感じです。まぁまぁ小さくなったんじゃないかな。てか部品が少ないからね。うん。


それはそれとしてですね、LTspiceというですね、いわゆる回路シミュレーションソフトを導入しまして。回路図を書いて電流を流したらどんな波形になるかを見れるわけですね。素敵。
これをしばらくいじったり放置したりしまして、ようやく波形を出すとこまで行けました。やったぜ。なんか大変だったぜ。
COt50は見てのとおり簡単なカンジなので波形をみていって見たいと思います。これは次回です。繋ぎの記事ネタです。


レイアウトすごい苦手なんですよね。電池入るケースにしようと思って買って、電池入ったのって一回しかないんですよね。やから電池無しで作るつもりしかないです。もはや。パワーサプライもあるしね!
回路組むのもセンスねーのかなーって思います。汚いカンジはしますよね。小型化すればいいと思っている節はあるんですが・・・。
広い世界には回路の組み方で音が変わる派というのも存在し、汚い回路はそこまでの音しかだせないとか言われたり言われなかったりしますよね。
キレイでコンパクトな回路が組めるようになりたいものですなぁ。

そんなかんじさ。
スポンサーサイト

パワーサプライ 決着編

2014.02.09.Sun.16:19

テストも終わりまして、教授に呼び出されたりもしておりますが、強く生きています。
日東のオレンジ&マンゴーティを使ってシナモンミルクティを入れ、publicdomainのJAZZを聴きながらブログを書くというオシャレっぷりです。内容はオタクっぽいですが。


時間もできまして、いよいよパワーサプライ完成させました。

パーツは揃っていたので、ケースだけ買いに行って一気に組み立ました。
2014020913452759c.jpg

ケースはタカチの、黒の塗装済みのものにしました。塗装がめんどくさいだけでなく、天気も悪く塗装するとなると時間かかりすぎると思ったからです。もともと黒にするつもりだったのでいいかなと・・・。そもそも冬は温度が低く、乾燥の設備のない人にとっては塗装のオフシーズンですしね。

穴あけも引き続きベランダでやりました。たまたま外でも工事してたので騒音レベルとしてはそこまでだったかと・・・。
ただ寒いですね。アルミダイキャストは熱の伝導性がよくてですね、指先からどんどん体温が奪われていきました。
20140209134559fe2.jpg

そうこうして穴を開け、実装していきます。

20140209134647507.jpg
はい、どーん



こんな感じです。真ん中上のでかいコンデンサは、ショートしそうだったのでこのあと足を絶縁テープで巻きました。
左上が入力で、上の辺の二つレギュレータ。パスコンは近いほうがいいということだったので近くにしました(笑)。

牛乳がこぼれました。オシャレぶろうとするとろくなことないですよね。

デジタルとアナログでアイソレートしてます(なんかかっこいい)。それぞれ1Aずつ取り出せます。すごい加熱するでしょうね。
レギュレータのグランド端子と回路のグランドの間にダイオードで、電圧を嵩上げしてます。いわゆる「元気な電池の電圧」である9.6Vを目指しました。ダイオードの電圧降下が0.6~0.7Vらしいので、ひとつ付けてちょうどくらい?さらに出力に逆流防止のダイオードをかませたので、その降下分の補填にもう一つ。もともとの9Vに加えて、9+0.6*2-0.6=9.6!完璧!
20140209134623e70.jpg
!??

まあこういうこともあるでしょう(?)
「すごい元気な電池電圧」です。市販の9V対応のエフェクターで、10Vで壊れる仕様のものはないでしょうし・・・。

さて、18V出力のほうですが、チャージポンプを使った昇圧回路ではどうしても-1程度の損失があります。あるそうです。伝聞。
なので9V入力では17Vくらいになります。それでも18V対応のエフェクターは動くでしょう・・・。しかし18Vエフェクター
トーンハンマーの専用ACアダプターは20V出力なんですよね。17Vだと・・・何か嫌じゃないですか。
そこで、実は先ほどのかさ上げのもう一つの意図というのがありまして、かさ上げ後の電圧(9+0.6*2=10.2V)を使って昇圧→20.4Vから-1Vで、19.4V。ここまで取り出せればいいだろうということで、トーンハンマー用のDCアウトは逆流防止ダイオードもつけませんでした。写真で言うと右の辺についてる四つのジャックの、下二つの間の左にある、表面についているジャックです。わかりにくい。
もういっぽうの18Vアウトはダイオードひとつ付けて19.4-0.6=18.8Vくらいです。

と、作る前に考えていました。
実際レギュレーターからは10.7Vくらいが供給されていますので、損失も考えた昇圧後の電圧はトーンハンマー用で、10.7*2-1=20.4Vくらい。これはおおむねそのとおりでした。逆流防止のダイオードをつけてみてもいいかなーと思います。20.4Vと19.8Vに聴覚上の違いは・・・少なくとも僕はわからんでしょうなーと思いました。

実際の機能的な面、オシロとか持ってないんでアレですが、ノイズは気にならないです。あとは配線ですー。ベルデンの、番号忘れましたが、灰色のやつでDCケーブルも作りました。このケーブルDCケーブルにおすすめされてますが、硬すぎてボード内の配線とかには向かないんじゃないかとさえ思います。取り回しの良さは大事ですよね。

今回塗装はしてないんですが、いつものパンソンワークスのジョジョメタルステッカーを貼るつもりでした。でも無かったので何もなしです。それではさみしいのでなんかしたいと思います。それまでは一応パワーサプライ(仮)というカンジです。



次はですねーブレンダー二号機を作る予定だったんですがいろいろあって廃案になりました。せっかくクワッドオペアンプ使ったレイアウト作ったんで載せておきます。当然ながら、絶賛動作未確認です。結構がんばったし誰か作って。
E2_1.jpg

ということでパワーサプライ(仮)でした~。2014020913472245c.jpg
またね~

ベーススルーその2

2014.02.02.Sun.13:18
パワーサプライをいつまでもひっぱってますが、春休みに入ったら製作に入るぞ!


それはそうとして、ベーススルーをもう一台作るつもりです。というのは前回ひよこのページを参考にキング・クリムゾン・ブレンダー!を作りまして、電池をいれる予定でケースを組んだんですが、その・・・フフ・・・入らなかったんで。
でまぁパワーサプライもできる(予定な)ので、ハナから電池を入れない設計で小型化して、さらに前回ジャックが足りなくなってsendだけ安物なんでいいのにして、low pass回路のオンオフを切り替えれるようにして・・・そんな感じです。完全上位互換モデルです。

おわり。
あっアレ、DIYcreatorが導入されたので、ベーススルーのレイアウト組んでみました。むつかしいですねー・・・ワイヤー線が・・・これはひよこさんのやつそのままです。LPFのオンオフのスイッチつけたりするのです。あとクワットオペアンプ使ったほうがスッキリする気がしますよね!
epi1.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。