スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cot50コピー構想編

2014.03.06.Thu.17:28
cot50を作ろう!いえい!

まぁ以上です。
とりあえずパーツ注文したので待つばかり。レイアウトも作ってましたが、ダイオードにパラでコンデンサを付けるほうがよいそうなのでつけたバージョンを作り直しました。
hitoshura.jpg
ローカットかな、わからん。回路図はhomemadeFXさんのをさんこうにしました。

同時にブルーベリーODと、エレハモのスモールクローンに挑戦する予定(予定)で、これらのパーツをいろいろ探してたら、パソコン落ちてカートの商品が消えたりなんだりして4時間くらいかかりました。で注文しました。

それだけなんですが。前回あんなにホットワードを詰め込んだにもかかわらず、特に効果はなかったようなので、マメに更新しようと思ってます。思ってはいます。

それで、spiceという回路図書いて、周波数とか解析でき奴が導入されたんですが全然使いこなせてないんですな。複雑な回路図は書くのが大変です。COT50がけっこう単純なカイロで、可変抵抗(つまみ)もひとつしかないのでやってみました。シミュレート!

標準と思われる440hzを入力してみたシミュレーションです。
v_bias1K.jpg
biasつまみを0にしたところです。緑が入力、青が出力波形です。クリップされて位相が反転してますね。一石の反転増幅とかそんなカンジですね。きっと。
こう、波が増幅されて、上下触れ幅が大きすぎるとこがギュッてつぶされてる感じですね。このつぶすのを「クリップ」といい、ダイオードの仕事です。ダイオードは電流を一方通行にする働きと、一定以上の信号をクリップする働きがあります。勉強しました。

bias_0.jpg
これがbias真ん中のはずです。さっきのよりクリップされてますね。たぶん。

フルテンの時の画像が無いですが。。。もっとわかりやすいんですよ、ほんとに。

つづいて周波数特性です。

bias _1k
実線の方です。つまみ0です。はい。枠入ってますね。はずかしい。

真ん中です。どうでしょう。
bias_500.jpg
縦軸が変わっているのでわかりにくいですが、低音が出るようになってます。

なんか混乱してきました。もっとちゃんと見やすい画像があったはずなんですが。


すごいグダグダなかんじになってしまいましたが、こんなカンジでパーツが届くまでの間が持つでしょうか。いいですか?いいですね、とても。

すごい暇なときにまた別のエフェクターを解析してやろうと思うます。いえい!
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。