スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さいことはいいことか?(d-verbその1)

2014.03.10.Mon.17:31

レイアウトいろいろと考えてみてます。
ふと気づいたんですが、レイアウトはなるべくコンパクトに!というのが無意識に方針となっていたわけですが、ほんとうにそうなんでしょうか?どうなんです?
小型化を推し進めるあまり複雑化していくのはどうもよくない気がしてきました。やっと。
巷に出回るレイアウト図がどのように評価されているのか?自作するということを考えた時にやはり複雑すぎない、作りやすいというのが一つ大きな要因になっていると思います。たとえば小さな筐体に押し込みたいとか、そういう目的があるならまだしも、ただただ小型化をもとめて複雑化していくのは愚かしい気がしてきたのであります。やっと。
複雑であればあるほど作りにくい・・・。なんとも簡単な話で・・・。また、完成しても音が出ない!とか、使ってる途中ででなくなった!とかいった時に原因を探るだとか、メンテナンスするとかいったときに非常にやりにくいというのは明らかですね。そんな感じのことに一年以上やっててやっと気づいたわけです。

そんなことを考えつつ作ったd-verb(GGGのリバーブ)のレイアウトがこちら!!

deverb.jpg

リバーブユニットは左から1~6です。
そんなにシンプルじゃないですね・・・。しかもそんなに小型でもない!
いやほんとに回路図が見にくかったんですよ・・・。
F1がインプットでO1がアウトプットです。アウトプットの前にグランドに接続する抵抗がいります。可変抵抗にすればvolumeも設定できます。たぶん。100kAカーブな感じじゃないでしょうか?R8を可変抵抗にしてもいいんじゃないかな。あと9Vがつながってないです。GNDもどっかからとらないとだめですね。昨日ボーっとしながら作ったんで。

GGGの回路図と違うのはDEPTHつまみが増設されてるのと、IC1を2チャンネルとも使ってIC2が1チャンネルなところとかですかね。あとは回路図通りのはずです。あ、R0が増設されてます。これはいちおうスイッチノイズ対策的な感じでつけたんですが、うまくいくかはわかりません。いるかどうかもわからない。そんな存在。

まんなかとかすげー複雑。もっとすっきりさせたいところです。
なんだかんだ言っても小型化ってロマンがあるじゃないですか。より小さいケースに入れば、場所も取らないしいいことづくめです。踏みにくいペダルにはなりますが・・・。日本人の心ですよね、一種の。たぶんね。

まぁそういうことでいろいろやってつくりなおすかもしれないぜ。はい。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。