だが小型化(d-verbmodその2)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はい。結局小型化しました。これはすごい小さいんじゃないかな。
deverb2.jpg
volumeを最後段に増設しました。いけるかなー。

GGGのd-verb、modです。depthつまみはリバーブユニットへの入力の増幅みたいですね。depthってよりwetvolumeって感じ?動作未確認です。unverified。

リバーブユニットという最強のアイテムのおかげでここまでシンプルにまとまりました。シンプルかなぁ?
ユニバーサル基板で手配線でやります。小型化の弊害が何であれ作れるということを示せばそれがすべてでありましょう。
いつ作るかは超未定です。

あと日本のブログとか見てるとBTDR-1hを使うってなってるパターン多いけどBTDR-2ですよね?回路図もだし、GGGのキットも2のほうみたいだし。どうちがうのかわかんないんですけどね・・・。足の数が違うやん!

回路図ともういっかい見比べて、たぶんこれでいけます。これ以上小さくなんないだろうし。


それとあんま調べても出てこないんで(そんなに調べてないけど)、基板の大きさとケースのサイズのだいたいの相関っていうか、こんくらいだったらこのケースだよねってのを調べてみようと思います。そのうち。慣れてる方はだいたい感覚でわかるかもしれないですし、なんか調べたらわかるかもしれないですが。

そんなかんじ。このレイアウトはかなり小さいと思うけど縦横の比とかもあるしね。かなり小さいと思うよ。作れるかはわらんけど。

いえい。

2014年03月10日21:11
カテゴリ:自作エフェクター

トラックバックURL

前の記事 次の記事