スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベーススルーの思い出

2013.11.18.Mon.10:22




以前作ったエフェクター第二段。
二作目には、じさっかーには有名なひよこのページの「ベーススルー」を作りました。いえい。

これは、エフェクターとしては、別のエフェクターと組み合わせて原音とエフェクト音をまぜてバランスを調整するブレンダーの一種といえると思います!特徴としては入力の信号をローパスフィルターで分離して、高音域のみにエフェクトをかけ低音域は原音のままで、これらをブレンドする、ということです。
説明が下手で死にたいんですが、まさに読んで字のごとく「ベーススルー」というわけです!
これにギター用のエフェクターを組み合わせて使えば、ベースで使っても低音域が音やせしなくてイイ!
ということだったので、自作エフェクターは多々あれど、なかなか見つからないベース用mod自作エフェクターの情報を探すより早い!という魂胆です。だいたいみんなそうです。わからんけど。

ひよこさんのところには回路図と詳しい解説が載っているんですが、レイアウト図はありません。へっぽこじさっかーの僕は「レイアウト無いと作れないよぉ・・・><」となり、ネットの海をさまようことしばらく、ようやくレイアウトをみつけました。丸パクリしてます。

そして今回は初めて塗装にも挑戦しました。工程もちょいちょい撮ってるんで載せていきます。

ケース
ケース加工中。ドリルを借りてドドドと穴を開け、リーマーでグリグリ広げます。全部友達からの借り物です。刃こぼれさせちゃってごめん・・・。
アパートのベランダでやりました。スーパー騒音マン。
塗装
そして塗装です。めっちゃ間とばしてますが、ラッカーで塗装してます。白地を吹いて、黄色→ピンクの順で。写真はほんとに最後の、ピンクが終わってマスキングテープをはがすシーンです。マスキングテープを貼るときに引いた鉛筆の線が消えなくて苦労しました。紙ヤスリで削ったらなんとか。。。
このあとクリアラッカーを吹いたんですが、全然乾かなくて苦労しました。全体的に焦りすぎでした。「薄く何度も」「しっかり乾燥」が大事です。いやマジで

ベーススルー基板1
基板です。これ貼るならレイアウト載せても一緒じゃないのと思われますが、なんかよくわかんないです。著作権のなんかに配慮です。大事なことです。基板2
でも裏も載せちゃう。まあこれを参考にするよりちゃんとしたレイアウト探したほうが絶対早い。
すごく汚いんですが、音は出ました。基盤の配線に配線材を使うという斬新さ。真ん中の黄色なんかほんとは表でジャンパーにするやつだしね。自由。とらわれない発想。よいのだ。たぶん。

kcbt
そしてなんやかんやして完成であります!右がローパスフィルターで、どの周波数で高音域と低音域を分けるかを決めて、真ん中でブレンド割合、左がヴォリュームです。ヴォ。上部のジャックがセンドリターンで、エフェクターをつなぎます。


さて効果の程ですが、LPFの効きがなんだか・・・。フィルターとしては働いているんですが回しても周波数域が変わった気があんまりしない・・・。ポッドはいろいろ試してみる価値はあるかも。大きいアンプで使ったことないのでそのうちスタジオにでも持っていきたい。
塗装、デザインはとてもお気に入り。ちょっとはげてきて悲しい。

ということで二作目、名付けて「キング・クリムゾン・ブレンダー」!!でした。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。