スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディレイも作る(Deep Blue Dlayその1)

2014.03.14.Fri.13:33

MADProfessorのdeep blue dlayを作ります。little angelとおなじPT2339というICが肝みたいですね。
ほんものはこちら

MAD PROFESSOR Deep Blue Delay ハンドワイヤード (アダプター&日本語説明書付き、国内正規品)

正規品輸入品だと4万近くしますね。これはハンドワイヤードモデルとなってますが、プリント基板を使ったコストダウンモデルも出てるはずです。たぶん。
略してDBdlay。デブディレイですね。これは。
デジタルですがデジタル臭くないディレイ感が評価の高い、MadProfessorの大人気モデルだそうです。温かさ・・・テック・・・ぬくもりがある。実際高い。パーツだけみれば2千円くらいで作れるんじゃないですかね。

こいつを1590サイズにいれようというのが今回の企画(?)です。
回路図はこちら(revolutiondeux)のものを参考にしました。いえい。


こいつを・・・


こうです。
dbdlay.jpg
まだあってるかわかりません。見切り発車的に載せました。17×12なので1590サイズはいけると思います。あとは高さ。と手先の器用さと加工、パーツ実装の丁寧さですね。ノイズとかのらないといいけどねェ~。

こいつで歪じゃない三兄弟完成です。LittleAngel(コーラス)、D-Verb(リバーブ)、DBDelay(ディレイ)。
全部1590にしてつなげてひとつの絵柄みたいにしたいっすねェ~。いいっすねェ~。
そして春休み自作大作戦も終わりですね~。ちょっとずつ暖かくなってきて、そろそろ塗装始めですね!春!南風!
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。