スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベース一号

2013.12.04.Wed.01:13

ファズファクトリー製作記の途中ですが、ここでベースのお話を。書き記したいと。思います。いろいろあるよね、いろいろ・・・。

最初にベースを持ったのは大学一年の五月くらいでした。好きなバンドのベーシストに憧れてベースを弾きたいと思い購入しました。が、サークル勧誘の時期も終わり、積極性に欠ける僕はひとり寂しくベースを奏でるしかありませんでした・・・。その後縁あってサークルに入れてもらい、いろいろと頑張りました。

さて、そんな感じで楽器のこともなにも知らない僕は、まわりに教えてくれる人もおらず、店に行く勇気もなく、ネットサーフィングしながら値段に目玉を飛び出させていた時に、安く、かつくだんのベーシストのモデルにぼんやり近いベースを見つけ、購入に至ったのであります。

それがこちら!
20131204000326df1.jpg
SELDER ベース ジャズベースタイプ JB-30であります。
このカラーリングはたぶん今もうないんちゃう?わからんけど。

まあそうです。セルダーです。でもいっぱい弾いたよ!

たぶん一年弱こいつだけ弾いてました。そんでサークルに入れてもらっていざ初ライブ!というときに、二代目となるベースを購入します。ちゃんとしたベースを購入しました。それからあまり触ってなかったですがはじめて持ったベースであり、愛着もあります。手放すことは考えていませんでした。
しかしある日僕が自作に目覚め、ベースの構造なんかにも興味がで始めてからは、さまざまな実験の被検体となってしまいます。意味も無く分解されたり・・・。思えば可哀想なやつです。

それはそれとして、どんな改造をしたか紹介するぞ~!自作系ブログですし。
まず、ハード面で、見ればわかりますが、ペグがガタガタです。これは完全に見た目だけの意味の無い改造です。()
ネジとって傾けて固定しただけです。無意味。だがそれがいい。

あとサーキット(回路)まわりは完全に別物です。
ピックアップは両方セイモアダンカンで、ネック側がSJB-2、ブリッジがSJB-3です。
ダンカンはPU交換では定番みたいですね。ネック側にSJB2を設置し、出力が小さくなるブリッジ側に磁石が大きく出力が大きいというSJB3をマウントしました。音はさすがに変わりましたね。セルダー純正よりもまとまり、太い音になりました。クソみたいなレビューですいません。

さらにヴォリューム・トーンも全部交換しました。2ヴォリューム1トーンは変わらずですが、ソニックのものに交換しました。これはトーンポッドがスイッチになっており、PUの直列、並列を切り替えるというものです。Bacchusのジャズベによく搭載されているのかな?直列は普通のジャズベ、並列になると二つのPUがひとつのハムバッカーのように働くという代物です。音で言うと圧が増す、といった音になります。うーんこのボキャブラリー
でも改造した感が強くでてよい。
あとは内部にアルミホイル貼ってノイズ対策してます。

PUなんですが、よく見ればわかりますが、リアが上下逆についてるんですね。これはPUのコイルに電気が流れることで磁場が生まれてしまうんですが、フロントと逆に付けることでこの磁場を打ち消す働きをさせています。

え~

大嘘です。
普通に向き間違ってました。弦張ってから気づいた・・・。

ちなみに磁場どうのこうのっていうのはホントの話ですが、普通のPUセットで使えば打ち消すように作ってあるはずです。
しかしどのみち同じセットではなくリアのがパワーあるのでうまくなってるかはわからないです。なんかよくわからなくなったので詳しい人が親切にも教えてくれるまで待つとします・・・
ちなみにノイズはけっこうのります。使えるレベル。

現状そんな感じです。さっきハード面では、って言いましたが全部ハードですよね。
あとはペグにヒップショットを付けてみたい。4つともヒップショットにしてみたい(笑)あとブリッジ交換したいです。あとLED光らせたい。あとはロックピンにして・・・
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。